カメラの専門店「カメラボ」では、デジタルカメラについてももちろん、積極的に買取りを行っています。
デジタルカメラとは、コンパクトデジカメのことです。また、近年流行りのGoPro、アクションカメラなど変わり種の機種も、大体このカテゴリーに含まれます。
デジタルカメラも、人気の機種など特に、下取りに出しても高い値が付きますから、ぜひ弊社に査定依頼を出してみてください。他社との比較も歓迎です。一番高く買取る自信があります。
このぺージでは、デジタルカメラの買取り概要をご案内していきます。

 

1.安価なデジタルカメラも数千円の値は付く!眠らせておくのはもったいない!

弊社が出張買取に出向くと、査定希望品とは別に、デジタルカメラ(コンパクトデジカメ)が2~3転がっている家庭をよく見ます。「こちらは下取りされないのですか?」と尋ねると、「あはは、500円かそこらでしょう!」と笑っておられます。

もったいない!それは勘違いです!
安価で買ったデジタルカメラも、下取りに出せば数千円程度の値は付くものが多いです。数の出回っているものでも、たいてい数千円にはなります。

これは、デジタルカメラ特有の中古現象が起因しています。というのも、デジタルカメラは裕福なシニア層、ミドル層が、旅行やイベントの際に「写ルンです」のような感覚でパっと買うのです。

中古市場で豊富なニーズがあるので、それだけの金額をお支払いしてでも買取りをする価値があります。
ここ数年のハイスペック機にいたっては、5万~10万円、それ以上の値が付くことも。GoProも高値が付くので、飽きてしまわれたらお早目に下取りにお出しください。

 

2.デジタルカメラの下取り対象メーカーは?

・CANON(キヤノン)

・IXY(キヤノン)

・PowerShot(キヤノン)

・Nikon(ニコン)

・COOLPIX(ニコン)

・SONY(ソニー)

・Cybersot(ソニー)

・GoPro(ゴープロ)

・CASIO(カシオ)

・EXILIM(カシオ)

・Panasonic(パナソニック)

・LUMIX(パナソニック)

・OLYMPUS(オリンパス)

・RICOH(リコー)

・PENTAX(ペンタックス)

・FUJIFILM(富士フィルム)

・LEICA(ライカ)

・SAMSUNG(サムスン)

・SIGMA(シグマ)

・Kenko(ケンコー)

・Kodak(コダック)

・Mamiya(マミヤ)

・EPSON(エプソン)

・ROLLEI(ローライ)

・Hasselblad(ハッセルブラッド)

もはや20年超の歴史を持ち、また比較的製造の容易なデジタルカメラ(コンパクトデジカメ)は、参入メーカーも多数あります。あなたが知らないメーカーでも、海外や業界では有名なこともあり、当然高い査定金額が付きますよ。
もちろん、上記以外のメーカーの機種も買取りさせていただきます。

 

3.弊社のデジタルカメラの買取実績。

弊社カメラボにおける、デジタルカメラ買取実績を、一部ご紹介します。

・GoPro(ゴープロ) HERO5 BLACK CHDHX-501-JP 弊社買取価格:3万8,090円

・Canon(キヤノン) PowerShot G1X Mark II 弊社買取価格:5万0,110円

・Nikon(ニコン) COOLPIX P600 ブラック 弊社買取価格:3万8,090円

・SONY(ソニー) Cyber-shot DSC-RX1 弊社買取価格:9万3,290円

・SIGMA(シグマ) dp3 Quattro 弊社買取価格:8万2,190円

・Leica(ライカ) X2 ポール・スミスエディション 弊社買取価格:20万5,100円

・RICOH(リコー) GR 弊社買取価格:9万0,210円

・FUJIFILM(フジフィルム) X100S シルバー 弊社買取価格:11万2,580円

・Panasonic(パナソニック) LUMIX DMC-TZ60-S シルバー 弊社買取価格:9万2,330円

・CASIO(カシオ) EXILIM EX-H60 レッド 弊社買取価格:3万0,170円

いかがですか?5万、10万、20万・・・と、まるで一眼レフカメラ並みに高価買取りされる機種が、デジタルカメラにもたくさんあるのです。
スマートフォンとの差別化から、ここ数年デジタルカメラは、高性能化と個性化が著しくなっています。今や一眼レフカメラの下位互換ではなく高級品が多いので、中古市場での評価も上がっています。

 

4.デジタルカメラを高く売るポイント!

デジタルカメラのユーザーは、カメラの初心者が多くなっています。何も知らないままに下取りに出すと、安い金額で買い取られてしまいますから、高く売るポイントをここで押さえておきましょう。「カメラのことを知ってるぞ!」と査定担当者に思わせるだけで、買取り金額はいくらか上がります。
以下のような点に注意して、査定依頼に出してみてください。

(1)デジタルカメラは鮮度が命!要らなくなったら早めに売ろう。

デジタルカメラは、個性的なものが多くなっています。それが流行を生むのですが、飽きられるのが早い特徴も。そのため、要らなくなったら早めに売ってしまうのが何よりも得策です。
話題のGoProなども、今ならまだレンタル業者などが大量買い付けをしている段階で、中古市場でもてはやされています。高く売れるのです。
アクションカメラや、珍しい機能、流行機能を盛り込んだ機種も同様です。

 

(2)キレイに掃除をして査定に出すと、初心者扱いされにくくなり、高く売れる!

カメラのことがわからない初心者は、掃除もせずに乱暴に下取りに出してしまいます。このような態度は「初心者丸出し」でNGです。「カメラに無知そうだから安い金額を付けてしまえ」と、査定スタッフに甘く見られてしまいがち。
それを防ぐためには、査定に出す前にきちんとカメラを掃除しましょう。そして、「本体もレンズも掃除しました!」とアピールすれば、高い査定額が付きやすくなりますよ。
また、引き出しをあさって外箱や説明書、付属品などもきっちり揃えましょう。これもカメラの下取り価格をぐんと引き上げてくれます。

 

(3)町のリサイクルショップではなく弊社のような専門業者に売ろう!

「コンパクトデジカメなんて500円でしか売れないよ」と思っている人は、町の総合リサイクルショップに売った経験のある人が多いです。たしかに総合リサイクルショップでは、デジタルカメラの価値を低く見ているので、安い金額で買い取るのです。
対してカメラの専門業者では、中古市場の動向を毎日チェックしながら、コンパクトデジカメの価値を丁寧に査定します。利益を出せるギリギリまで高い査定額を提示します。
特に弊社カメラボは、「他社よりも高く買取る自信があります」をコンセプトに、良心的な買取り査定を行っています。

 

 

  • 最短5分で査定完了

買取品目

メーカー

インフォメーション